家の中のちょっとした段差が大きな障害になったり、居住性の悪さにつながることがあります。 「そんなこと関係がない」と思われる方がいらっしゃるかもしれません。 でも、その家に何年住みたいとお考えですか?
バリアーフリーの家が住みやすいと感じる時が誰にも訪れるはずです。 それに、段差のない家は小さなお子様にとっても安心です。

壁紙や取っ手まで一つ一つ選んでいく注文住宅では、住む人の状況に合わせた設計・設備のセレクトが可能です。 取っ手を付けるといった後付けではできない、きめ細かな対応ができます。

バリアフリーは、段差だけではありません。 住む上で大きなバリアとなるのは、湿度や温度の差です。 寒い冬場のトイレや浴室は、「ヒートショック」を起こす可能性が高くなります。 特にお年寄りの方や身体に不調のある方にとっては命に関わる事態にもなりかねません。 日当りの悪い北側やトイレは寒いという当たり前から離れることもバリアフリーです 。ニッケンホームでは、湿度・湿度のバリアフリーを実現する 「高密度・高断熱の家」や「外張断熱の家」を提案しております。