「チーム・マイナス6%」は、地球温暖化抑制の取り組みを定めた「京都議定書」の目標を達成するための国民的プロジェクト。 日本は2012年までに温室効果ガスの排出量を1990年当事から6%削減しなくてはなりません。
ニッケンホームはこのプロジェクトに参加。省資源・省エネルギー住宅づくりを推進しています。

省資源

木の家は、重機や電気が無い時代から造られてきました。 木造の家は金属など他の構造の家に比べ、製造・輸送・加工にかかるエネルギーがとても少なくてすみます。 また、金属のように製造過程で環境に悪影響を及ぼす物質の排出もほとんどありません。 その上、木には湿度調節機能や高い断熱性があり、四季を通じて住まいを快適に保ってくれます。 適切な断熱を施せば、木の家はとてもエコな家なのです。

シックハウス

住宅建材に含まれる化学物質(XOC=揮発性有機化合物)などが室内に飛散し引き起こすといわれる「シックハウス症候群」。 ニッケンホームの標準仕様の家は、住宅性能表示制度のシックハウス対策・換気(空気環境)の項目で最高等級をとっています。

エコ

空調費用を軽減できる「高気密・高断熱の家」や「外張り断熱の家」。 環境に優しい暮らしを実現する「オール電化の家」や「太陽光発電の家」など、 ニッケンホームにはエコな家が揃っています。