木造軸組工法の構造上、必ずできる小屋裏(屋根裏)スペース。 収納スペースはいくらあっても重宝するもの、このスペースを活用しない手はありません。 吹き抜けの一部をロフトにして利用したり、閉鎖された小屋裏空間に収納式のはしごを付けるなど、 そのスタイルも様々。 収納力とデザインを考慮し、プラスアルファーの空間を活用しましょう。 但し、その面積などには地域によって異なる法的な規制がありますので、ご相談ください。

大きな収納力を発揮する小屋裏収納。 しかし、熱せられた屋根の熱がこもりやすい小屋裏は温度が非常に高くなりやすく、 決して快適な空間ではありませんでした。 そのため、温度変化に敏感な物、大切なものは収納できなかったのが現状です。 しかし、家全体を断熱材で包む外張断熱の家や、 発泡ウレタンを屋根の裏に吹き付ける高気密・高断熱の家では、 屋根からの熱から小屋裏空間を守り、快適な空間を作ることができます。