柱の間に断熱材を施すという従来の発想とは異なり、柱の外側に断熱材を貼るのが外張断熱工法。 つまり、柱に邪魔されず断熱材を張り巡らすことができるということ。 そのため、安定した高い気密性を発揮します。

高い気密性と断熱性のため、夏は暑い外気から家を守り、冬は暖かい室内の温度を逃しません。 夏は涼しく冬は暖かい家で、冷暖房費を抑え、快適に過ごすことができます。

◆柱と柱の空間を使う

今までは断熱材の充填スペースとして使われてきた柱と柱の空間。 しかし、この外張断熱なら、この空間を壁収納のスペースとして活用することができます。

◆小屋裏収納も快適度アップ

収納スペースとして力を発揮する小屋裏。 しかしその弱点は、空間内の大きな温度差でした。 外張断熱工法なら、屋根の下に断熱材を入れるため遮熱対策に役立ち、温度差が少なく快適です。